仕事柄、賃貸だけでなく売却物件の内装リフォームも多く手がけていますが、その経験から「中古物件売却する際にリフォームは必要か」どうか私の考えを述べたいと思います。

実は、中古物件の売却時に、部屋をリフォームをしてから売却をすると高値で売れるかと言うと一概にはそうは言えません。

例えば、リフォーム費用に100万円かけた場合に、100万円分上乗せしてて売却できる場合もありますし、全額上乗せが無理な場合もあります。

賃貸と違って売却物件の場合は、買い手側も予算に応じた中で自分好みのリフォーム内容を検討している方も多いからです。

ただ、あまり大々的にお金をかけたリフォームは必要ないと思いますが、やはりリフォーム済みの物件の方が売却の場合でも成約率が高いのは確かです。

物件の築年数が経っていて、室内のコンディションが悪い場合は、クロスやフローリングの張り替えたり、 畳の交換などを行ってキレイな状態で販売に出す方が有利ということです。

また、物件に故障箇所などがあれば、事前に修理や交換をしておいた方がいいでしょう。

物件の間取りを変更したり、故障していない機器を交換したりするようなリフォームは費用がかさむので必要ありませんが、キレイな印象を与えることのできるリフォームは内覧に来られた方の印象が大きくかわるので重要です。

この程度のリフォームであれば、費用もさほどかかりませんので中古物件という金額の大きなものの場合は投資価値があると思います。