相場・単価について

クロス張替えの相場は材料と施工環境によって変わります

クロス張替えの料金は、一概に「○○円です」とは言い切れません。

理由は、「ただ、張ってあるクロスを剥がして張って終わり」ではないからです。

どういうことかと申しますと、まずどのようなクロスをはるのか?

一般普及品、1000クラスといわれるハイグレードクロス、通常より施工がハイレベルな、布クロスや紙クロス、珪藻土クロス。などなど、素材につきましても値段はまちまちです。

次に施工環境です。

施工場が空き家なのか在宅なのか、家具は多いのか少ないのか、施工高さは通常か吹き抜けがあるか、などでも変わってきます。

最後に下地の状態です。

もともとクロスが張ってある場所に新しいクロスを張替える場合は何も問題はないのですが、

例えば和室などの砂壁の上にクロスを張りたいということになると、砂壁の上には直接貼れませんので(張れますが、すぐはがれます・・・)壁前面に下地処理(パテ処理)をするかべニアを新しく増張りしてからクロスを張ります。

このようなことがあるため、すべて一概には「○○円です」とは言えません。

ただし、一般的なクロス貼り替えにつきましてはある程度の相場金額がありますのでご参考ください。

クロス張替えの場合の相場

空室・荷物移動なし・一般普及品クロス

  平米あたりの単価 6畳の天井壁のクロス張替え
リフォーム業者 1,200円~2,500円 48,000円〜10,0000円
不動産屋  1,200円~2,500円 48,000円〜10,0000円
工務店 1,200円~1,500円 48,000円〜60,000円

空室で無い場合は、上記料金に平米あたり200円~500円加算されるのが一般的です。

実際に、当社が確認している会社の金額ですが、あくまで相場の目安としてとらえてください。このように私たち職人からしますと高めの金額になってしまう理由は、お客様と実際に施工する職人との間に中間業者がいくつか入ってしまうため、中間業者の利益、経費が上乗せされてしまいます。

クロスの張替えや、小規模リフォームなどは職人だけで管理、施工ができる範囲の工事です。

工事当日実際に施工するのはクロス職人ですので中間マージンをカットしてお得にリフォームしませんか?

施工店に直接依頼するメリット

中間マージンカットで必要のない料金を払わないで済む

一番大きなメリットは、お客様とクロス業者の中間に入る業者に中間マージンを搾取されないことです。

中間マージンをカットできることで、工事施工費用は大きく変わります。

お客様と施工店と直接打ち合わせできるのでお客様の要望や施工店のアドバイスなどがはっきり伝わりスムーズな工事ができる

施工店=クロス業者(職人)です。

リフォーム店の営業さんや工務店の担当者より誰よりも、クロス工事に関してはプロです。

クロスの素材の選び方や、注意点など的確にお答えできます。

正確なアドバイスができることで、満足度が高い工事内容になります。

施工店に直接連絡で下見やアフターを迅速に対応することができる 

中間業者を挟むことで、連絡のレスポンスが遅くなりますが、お客様と施工店が直接繋がっていると連絡がスムーズです。

アフターなどの対応も日にち設定も早くなるメリットがあります。

 

 

クロス・壁紙張り替えのご紹介


私が施工に伺います!

代表の錦織です。

職人歴は22年です。

当店は打ち合わせから施工、アフターフォローまで職人の私が一貫して行う職人直営の責任施工です。

低価格で仕上がり重視をモットーにお客様目線のご提案が出来る工事店です。

内装のことでしたらどんな小さなご相談でもお気軽にご連絡ください。

納得の仕上がり、コストカットの低価格の安心工事をお約束します。

【プロフィール】

三重県生まれ・東京八王子育ち、株式会社ライトスペース代表取締役社長

家族と犬7匹、ねこ7匹の大家族(ワンちゃん・ネコちゃんのことならおまかせください!)

趣味:アウトドア、犬の散歩

正しいクロス・壁紙張り替え業者の選び方

価格と仕上がりの両方を満足してくれる業者はどうやって見極めればいいのか?

詳しくはこちら⇒
正しいクロス・壁紙張り替え業者の選び方

PAGE TOP