リフォーム工事でのお客さまの不満の第1位は、「当初に見積金額よりも高い請求が来た」だそうです。この様なことを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?まず、リフォーム工事は、新築の工事と違って予測できないことがあります。そのため、当初の見積もりと金額が変わってしまうのは致し方ない面があります。そこで重要なのはリフォーム店
側が、「当初の見積もりと金額が変わる可能性」を見抜いてあらかじめお客様に事前に伝えられるかどうかですになります。あらかじめ想定していればお客様も金額が高くなっても不満に思うことはありません。また、工事途中でお客様から追加の注文をした場合は、その都度しっかりと見積もりをしてもらって納得してから工事を続けてもらうことが重要です。

「リフォーム工事後に、当初の見積もりよりも高い請求がきた!」ということをよく聞きます。

リフォーム工事でお客様の不満の第1位がまさに請求金額が当初よりも高いということだそうです。

では、なぜこの様なことが起こってしまうのでしょうか?

ゼロから作る新築工事と違って、リフォームは予測しないことが起こる

まっさらの土地に建物を設計して建設する新築工事の場合は、全てを把握することができます。

ゼロから設計して組み立てていくので、当然といえば当然ですね。

目視できない内部

しかし、リフォームの場合、建物の表面上は目視で判断できますが、実際壁や天井の内部や、床下などはどうなっているか見積もり段階では、把握しきれない場合もあります。

例えば、床や天井に点検口が設置してあり、内部を確認できる場合は現状を把握しやすいですが、点検口などがない場合は、『通常の構造を基準に予測する』しかないからです。

実際に解体してみないとわからない部分があるため、解体してみて予測と反した場合、工事が複雑になってしまい工事金額が上がるケースがあります。

予測しないことが起こることに対する対策

私の経験上、予測しないことが起こってしますケースは多かれ少なかれあるので、これは仕方のないことだと思います。

ただ、多く工事をしていると、『通常は○○になっているはずだけれども、もしかしたら○◯なっているかもしれない・・・。そうなると工事金額は上がってしまう。』この様な予測はできます。

その場合、お客様に事前にこの内容を伝えて、工事金額が上がってしまう場合は、おおよその料金をお知らせしておけば揉めることは、まずないのです。

工事実績が少ないから予測できない

経験値の少ない業者が見積もった場合、この様な予測ができないため、料金が上がるかもしれない趣旨を事前に伝えられないので、当然後で問題になる訳です。

そうなるとお客様は、「リフォーム工事後に、当初の見積もりよりも高い請求がきた!」となるのです。

追加工事はその都度見積もりを出すことが大事

リフォームが進んでいって、形になってくると、お客様は、より良くしたいと思うものです。

「ここにも○◯をつけておいて」

「ここの壁もやっぱりいらないわ」

「ここにも収納が必要だからつけておいて」

「他が綺麗になったから、ここが目立つからなんとかならない?」

当然、色々な要望が出ます。

これをリフォーム会社の多くは、「追加工事ですからお見積もりいたします」というのを曖昧にして、請求をするケースが多いです。

お客さんが「これは追加工事だな」という認識があればまだ良いですが、全体の工事金額に入っていると思って、「追加工事」の認識がない場合は、後々問題になりますし、工事側もお客様側もいい思いはしません。

「お客さんにこれは追加工事だな」という認識があった場合でも、金額がわからない追加工事ほど怖いものはありませんので、その都度、工事側は、追加工事の見積もりをお伝えする必要があります。

この様に、1つ1つ取り決めして工事を進めていけば、よほどのことが起こらない限り揉めたり、「聞いてない」などの認識の違いの問題は起こらないのです。

工事は決して安い買い物ではありませんし、限られた予算の中で進めていくことの方が多いので、工事金額や施工方法は、お客様と工事店でしっかり打ち合わせして進めていくことが、健全な工事を進めていく中で最重要事項だと思います。

予測できないリフォーム営業マン

以上のことから、複雑なリフォーム工事は、工事計画・施工はもちろん、工事見積もりも住宅の構造や施工の知識がある人出ないと出せないのです。

リフォーム屋さんの営業マンの中には、もちろんプロ級の知識を持っている営業マンもいますが、リフォーム屋さんの工事を下請業者として当社が施工することもあるのでわかるのですが、残念ながらリフォーム屋さんの営業マンは、ほとんど素人に近い知識しかない場合がほとんどです。

『予測ができない見積もりしか作れない』

工事費用が最後には、当初の見積りよりも高くなるカラクリはこの様な理由なのです。