賃貸物件は原状回復を前提としたプチリフォームがオススメです。スイッチ・コンセントカバーのリメイクはカバーを変えるだけです。100均のリメイクシートを使えば、地味な棚の表面がオシャレになります。ピン固定式のウォールシェルフを使用すれば、壁に大きなキズを付けずに棚・ボックスを取り付けることが可能です。モザイクタイルを使うと、簡単にキッチンやトイレの壁をオシャレにすることができます。いずれも低予算で原状回復を意識したプチリフォームです。

原状回復が前提のリフォーム

賃貸の物件でも簡単にお部屋のイメージを変える手段があります。

一般的には、借りている物件はなかなか自由にリフォームができません。

理由は、「原状回復」してからお部屋を返さなくてはいけないからです。

ただ、一日の疲れを癒す自宅は住んでいて快適な空間にしたいというのは誰もが思うことです。

その一つとして、「インテリアをおしゃれにアレンジする」という方法があります。

そこで、賃貸物件でも原状回復を意識してできる「プチリフォーム 」に挑戦してみるのもなかなか面白いです。

賃貸物件でもおしゃれにリフォームしたい!

そんな方にオススメのプチリフォーム術をご紹介します。

原状回復を意識してできる方法ですので、気軽に挑戦できます。

また、コストを抑えて100円均一商品を使っても見違えるようなお部屋にすることが可能です。

超簡単!スイッチ、コンセントカバーリメイク

お部屋のコンセントやスイッチのカバーを外して、かぶせるだけでカバーがおしゃれになります。

わずか30秒でお好みのカバーに変身します。

プチリフォームは、このような小物が威力を発揮しますね!

100均のリメイクシート

例えば、ダイソーのリメイクシートを使うと・・・

普通の吊り戸棚が、こんなにおしゃれに変身します!

剥がした後もホームセンターで売っている、のり剥がしスプレーを使って綺麗に剥がすことが可能です。

ただし、壁紙の上には貼らない方がいいと思います。

それなりに強い粘着力ですので、壁紙の表面を剥がしてしまいます・・・。

ただし、表面が硬く強いものは大丈夫です。

ピン固定式のウォールシェルフで壁に棚を取り付ける

ピン固定式で、傷跡も目立ちにくく原状回復にもってこいの壁につける棚・BOXです。

通常、このような重たいものは壁の下地がある部分をめがけて取り付けたり、アンカーという壁にビスを取り付ける際に、補強する部材を取り付けたりしないといけません。

その場合、壁に目立つ傷が着いてしまうため、原状回復には不向きでした。

しかし、ピン固定式のウォールシェルフを使用すれば、壁に大きな傷がつかずに棚を取り付けることが可能です。

どうでしょうか?

棚ひとつでかなり印象が変わりますね。

モザイクタイルでキッチン周りを演出

樹脂製で本物のガラスのようなモザイクタイルシートです。

水や熱にも強く、キッチンや洗面所やトイレに適しています。

施工も簡単で、台紙から剥がして貼るだけでおしゃれな空間に変わります。

サッと拭くだけで汚れも落ちますので、お手入れも簡単で、清潔に水回りを保つことが可能です。

賃貸でも低予算で

いかがでしょうか?

このように、実は少しの工夫で賃貸でもオリジナルの空間を作ることが可能です。

低予算で、居心地のいいお部屋作りにお役立てください。