バーの内装工事費の目安は、スケルトンの物件で20~40万円が相場です。工事する範囲やグレードで金額が変動するため、坪単価の相場にも開きがあります。バーは厨房機器にそれほど投資が必要ないお店が多く、飲食店の中では、比較的工事金額は、低くなります。バーのお店作りは、ターゲットとする客層などを考慮して、お店のコンセプトを考えて作ることが重要です。使う照明やインテリアでお店のイメージは大きく変わります。

 

例えば10坪のバーの内装工事をした場合

10坪の物件の場合は、200~400万円が相場です。

このようにスケルトンの物件で、一般的な工事で20~40万円が相場です。

20~40万円と金額に大きく差があるのは、どこまでのグレードの工事をするかによって大きく変わるからですが、工事金額の一般的な相場の1つとして目安になります。

希望デザインや、使用する資材によって、この相場以下にも以上にもなります。

厨房機器をどこまで導入するかでもコストがかなり変わってきます。

バーなどは、お酒がメインで、比較的料理は軽食を出す場合が多いですので、飲食店の中でも厨房機器の導入費用は安価になります。

内装は、こだわってお店のコンセプトを出す

バーは、お店の雰囲気が重要です。

居心地のいいと感じる店の場合は、「また行きたい」「次回は、友達も連れてこよう」と思うものです。

いかに空間を演出できるか、ということが、バーの内装工事ではキモとなるわけです。

バーはターゲット層が明確なため、お店のコンセプトを際立てデザインできます。

例えば、若者をターゲットとした場合は、開放的で気分が上がるようなデザイン、中高年をターゲットとした場合は落ち着きのあるデザインが求めらます。

お店の中が見えるようにする

中が見えないお店は、入りにくい印象があります。

気になるお店でも、中の様子がわからないとなかなか来店してもらえません。

開放的なイメージのデザインのお店は、入口は全面ガラス張りにするとお店のコンセプトも伝わりやすいです。

落ち着きのあるイメージのデザインのお店は、様子がなんとなくわかるくらいの露出度がちょうどいいです。

どちらのイメージにしろ、中の様子がわかるフロント工事をしましょう。

写真のようなガラス張りの場合の工事費用は、およそ150万円程度です。

壁のしてドアをつけた場合は、およそ100万円程度になります。

照明はお店のイメージを左右させる

照明器具や、個数、照度の選定はとても大事です。

お店のイメージは照明で大きく変わってきます。

照明器具はいろんな種類がありますが、その中でも代表的でよく選択される照明器具です。

ダウンライト

天井に埋め込んである、丸型の照明器具です。

明るさを調整できる調光式タイプが、バーなどには向いています。

ダウンライトは、穴あけ工事が必要ですが、穴あけにかかる費用は1箇所数千円程度と高くありません。

ライティングレール(ダクトレール)

照明器具のバー型の電源です。

このバーに好きなところに、照明器具が設置できます。

よく使われるのはがスポットライトやシーリングライトです。

天井シーリングライト

天井に取り付けるライトで、種類も豊富にあります。

例えば、アンティークな感じのバーのイメージの場合、エジソンランプなどを使うとかなり雰囲気が出ます。

ネオン管

ネオン管は照明としてというよりも、お店を演出する照明という感じです。

この一つのネオン管があるか無いかで、お店のイメージを大きく変えることができます。

カウンター席だけではなく、テーブル席が必要な理由

また、一人で来るお客様も多いですが、数人で来店する場合もありますので、カウンター席の他に、テーブル席を設けられることが望ましいと言えます。

カウンターは二人組のお客様までは対応できますが、3人以上の場合はテーブルである必要があります。

せっかく居心地のいいと感じるお店でも、人数の多いときは、来店してもらえない可能性が高くなってしまうので、なるべくならばテーブル席も導入出来るといいです。

当店の店舗内装工事のご紹介

shop-interior01