お部屋のクロスを張り替えた後、かなり時間が経ってからクロスが部分的に膨らんでくる現象があります。

特に、梅雨時などの湿気の多い時期に起きることが多いです。

クロスを最初に張る新築の際には、壁のボードとボードのつなぎ目を平らにするためにパテ処理をします。

このパテの箇所は、糊が付きにくい性質があります。

糊を塗っても完全には接着出来ていない場合があります。

クロスの張り替えの時に、クロスを剥がすとクロス裏紙が下地のボードにくっついたまま残ります。

0129-03

そして、その上から新しいクロスを貼ると、残った裏紙には新しいクロスは糊でくっつきますが、下地ボードにはクロスはしっかりくっつきません。

この箇所が、梅雨時などの湿気で裏紙が浮いてクロスが膨らんでくるわけです。

そして、天気が回復して湿気がなくなると元に戻ります。

どういう箇所がこのように浮いてしまうかは、工事の段階では施工屋にもわからないので申し訳ないのです。

ただ、浮いた箇所からクロスが剥がれてしまうということはありません。

放置してもらっても問題ありませんが、どうしても気になる場合は対処方法がございます。

浮いてきた箇所にクロス用の注射器を使って、裏紙と下地の間にクロス糊を注入してローラーで圧着します。

簡単な工事ですので、施工されたクロス屋さんに連絡すれば対応してもらえると思います。

ただ、連絡をする前に、壁紙が浮いて膨らんでくる箇所をしっかりわかるようにマークしておいてください。

湿気がなくなると元にもどりますから、クロス屋さんが来られたときに場所がわからなくなってしまう恐れがあるからです。