クロス張り替え職人の力で、賃貸オーナー様の「空室率が高い」の悩みを解消できるかもしれません。

ご存じの通り、日本は既に人口の減少期に入っています。

2008年をピークに日本の人口は減り続けており、2011年から2012年では人口は28万4千人も減少しています。

2030年以降は、毎月100万人ずつ人口が減少すると言われています。

一方、賃貸物件の着工件数は、東京都では月あたり平均4,500戸であり、1年間では10%強の増加となっています。

人口が減少しているにも関わらず、東京の賃貸住宅の数は増え続けているのです。

もちろん、東京は地方の都市に比べれば、人口減少数も、そのペースも低いはずです。

ただ、それでも、これから先に賃貸物件の空室率が上昇していくことが確実であることは容易に想像できます。

そう考えれば、今から所有されている物件の空室を増やさない工夫をしておかなければ安定した賃貸経営は望めないと思うのです。

私は、クロス張り替え職人という仕事からずいぶん多くの賃貸物件を見てきています。

そのため、他の物件と比較して相対的にその物件に魅力があれば空室を回避できることが経験上分かっています。

76bea86

所有されている物件を相対的に魅力がある状態にしておくためには、まずは”家賃相場”を調べてみてください。

まず最初に、空室になる原因の1つとして、家賃が相場より高いことが考えられるからです。

現状の家賃が、他の条件の近い物件と比べて高いようでしたら見直す必要があるかもしれません。

次に、建物の外観や内装、設備などが美しく保たれているかどうか見直しましょう。

決して豪華にする必要はありませんが、最低限”汚い”という印象を与えないことが大切です。

せっかく入居者候補の人が内覧に来て下さったとしても、汚い・古いなどの印象を与えてしまってはもったいないです。

例え建物が古くても、家賃が相場より安くて外観や内装が綺麗に保たれていれば入居は決まりやすいはずです。

016

もちろん、賃貸物件選びの好みは人それぞれです。

オートロック付きの最新設備を希望する方もいらっしゃれば、築30年以上の物件でも内側が綺麗に保たれていて、設備が生活するのに十分なレベルであればむしろ高級マンションよりもこちらを選ぶ方もいらっしゃいます。

つまり、大事なのは物件がキレイに手入れされているかです。

クロス張り替え職人の私の観点から言うと、壁紙は妥協せずに張り替えた方がいいです

これは、自分の仕事を増やしたりするために申し上げている訳ではなく客観的な理由からです。

よくある大家さんからの壁紙の張り替え依頼には、汚れのひどい壁だけを一面のみ張り替えてくれというものがあります。

リフォーム代を安く抑えたいお気持ちはよくわかりますが、こういった張り替えは仕上がりの見栄えが非常に悪くなります。

汚れのひどい壁以外の壁が本当にきれいなら、そういった張り替えもアリだと思いますが、一般的には他の壁も同程度に汚れているものです。

一面のみの張り替えは、非常に中途半端な仕上がりになります

空室率を下げるためには、内覧に来られた方が最初にドアを開けたときに「キレイだな」と感じてもらうことだと思います。

「少し汚いな」と思われてしまっては、家賃が相場より安くないと決まりにくくなります。

最初の印象が悪かったがために、せっかくの物件を安い家賃で貸しつづけるのはもったいないです。

空室率を下げるためには、入居される方の立場に立ってもらって、「この家なら住んでみたい」と思える状態をキープすることをオススメします。

018

そのように考えると、設備や外壁をリフォームするよりは、壁紙を貼り替えるリフォームは効果が高くコストパフォーマンスがいいはずです。

また、最近私がよくやらせて頂く施工としては、壁一面だけ色を変えてアクセントをつけるものです。

アクセントクロスという壁紙を張るだけで、お部屋に高級感が増して他の物件との差別化が容易に図れます

また、洋室が好まれる時代ですから、畳からフローリングやウッドタイルへの交換もお部屋のイメージががらりと変えることができて効果的のようです。

少ない予算であっても、工夫1つで高い効果を出すことは可能だと思います。