クロス張替の相場金額は業者のホームページを見れば大体把握できます。ほとんどの業者は平米辺りの料金を表記していますが、問題はこの金額にどの作業内容が含まれているかです。クロス張替えに必要な全ての作業内容がこの平米辺りの金額に含まれないケースがあるからです。そのため、相場金額をそのまま鵜呑みにすると実際の請求額が全く違う金額になります。

クロス張替えの相場(金額)の実例

クロス張替えをご検討の方は、[壁紙(クロス)工事の相場=平均的な金額]が気になると思います。

この相場ですが、クロス工事の場合、インターネットを見てもまあまあどこの業者も平均的な許容範囲の金額を提示していると思います。

ですので、ある程度の相場はお分かりになると思います。

実例としては、こんな感じです。

空室・荷物移動なし・一般普及品クロス(平米あたり)

リフォーム業者 1,200〜2,000円
不動産屋 1,000〜1,800円
工務店 1,000〜1,500円

クロス工事の場合、850円とか1000円と記載されている金額は、1平米あたりのクロス張替えの金額を表しています。

中にはパック料金を提示しているサイトもありますが、その場合は6帖¥●●円といった表記になります。

大抵の業者は、ホームページで平米辺りの金額を表記していますので相場はわかりやすく比較しやすいです。

ただ、問題は、この平米辺りの金額に、どういった作業の料金が含まれていて、また含まれていないかで最終的な金額が大きく開きます。

この価格マジックにダマされないでください。

クロス張替えの作業内容を理解する

一般在宅住宅のクロス張替えの作業内容(行程)は以下の通りです。

  • 床養生
  • 家具移動
  • 器具(コンセントプレートや、照明器具など)取り外し
  • クロス剥がし
  • 剥がしたクロスのゴミ撤去
  • 下地パテ処理(壁の凹凸や不陸をパテで平らにします。)
  • クロス貼り
  • 家具、器具戻し

です。

これらの作業内容のどれが相場と言われる平米あたりの金額に含まれているかが重要です。

平米あたりの料金に含まれる作業

ちなみに、”床養生”や”家具移動”は別途請求するのところが多いです。

また、空き家工事と異なり、家具は家によって量も違いますので、金額は大きく変わってくることが多いと思います。

平米辺りの金額について、空き家工事と、在宅工事の金額が違うのはこのためです。。

一番注意して頂きたいのは、

  • 剥がしたクロスのゴミ撤去
  • 下地パテ処理(壁の凹凸や不陸をパテで平らにします。)

この2項目です。

長年、インテリア業界にいる私の常識から申し上げますと、クロス工事においては、この2項目は平米あたりの金額に含まれているのが通常です。

当店の施工単価を例にすると、

量産品クロス空室・・・平米850円

量産品クロス在宅・・・平米1100円

です。

この金額には、”剥がしたクロスのゴミ撤去”および”下地パテ処理”の費用を含めています。

そして、この単価は、クロス職人の金額としては、高くも安くもない標準的なまさに相場になります。

悪徳業者のやり方

ところが、一部の業者は、この2つの作業”剥がしたクロスのゴミ撤去”および”下地パテ処理”を別料金として請求してくることがあります。

ここが一番注意してもらいたいところなのです。

この2つの作業を別料金で請求される場合は、3万円程度は普通に請求されます。

そうなると、もともとの平米辺りの相場金額は全く意味がなくなります。

計算してもらえばわかりますが、50平米の張替えなら、850円で42500円です。

これに3万円を加えて50平米で割ると、1450円が平米辺りの単価になります。

 

ホームページの金額が相場と一致していても、その表示金額だけを鵜呑みにしてはいけません。

業者に問い合わせた時に、「表示されている金額にはどのような項目が含まれているか」をしっかり聞くことが大事です。