在宅工事でのクロス張り替え工事の話です。壁紙を張り替える工事をやった後に、”よかったな”と思える工事にするためには、事前の知識や準備で結果が大きく変わってきます。 不安要素は、お客様から業者や職人に確認することがリフォームの成功のカギです。

在宅工事 

先日、都内で在宅でのクロスの張替え工事をさせていただきました。

張替え箇所は、リビング・キッチン・寝室・玄関廊下・トイレ・洗面室の天井壁のクロス工事です。

お客様が住んでいるお宅を工事することを在宅工事と言いますが、在宅工事は空室工事よりもはるかに手間がかかります。

我々工事する側は荷物の移動などが手間になりますが、実際にはお客様の方が圧倒的に大変だと思います。

私たち職人はなるべくお客さんのストレスにならないように工事を進めては行きますが、なんせ日常生活サイクルが、工事中はガラッと変わってしまいますし、せわしないと思います。

ただ、今回工事させていただきましたY様が壁紙の張替え工事の終盤に、弟さんがいらした時に「どう!?すごいでしょ!人生変わるよ!!」とお話しされていたのがすごく印象的だったので、Y様宅工事のストーリーをお伝えしようと思います。

ご依頼

丁度1ヶ月前に、当店のホームページを見てくださって、お見積りのご依頼をいただきました。

その際、「我が家は一回も壁紙の張り替えをしたことがないんです。どのように進めていくかとか、例えば洗面所の洗面台の隙間の部分はどうやってはるのかなど、または一回洗面台を外すかなどご相談させてくれませんか?」というような内容でした。

私たち職人は、毎日のように行なっている作業なのでどうしたら良いかは当たり前のようにわかります。

しかし、経験がないお客様の不安要素は計り知れないと思います。

現調下見

下見の日にちを決めさせていただき、Y様宅にお伺いしました!

まずはご挨拶をして、どの部分をお張替えになりたいか・どんなイメージにしたいかを聞くとともに、どんな手順で工事するかをご説明させていただきました。

Y様が不安に思っていた、洗面所の隙間の納め方、リフォームに適しているクロスを選んだほうがいい理由などをご説明させていただきました。

また、「キッチンは、大きな食器棚があるから背面や天井は張り替えずに見えているところだけでいいですよ。」と言っていただいたのですが、せっかく張り替えるのですから、ちゃんと全部やったほうがいいです。

天井もキッチンの平米数は少ないですから、数千円の違いなので後からやっぱりやっておけばとならないように、ついでですので壁を張り替えるのでしたら天井も張り替えたほうがいいですよ。」と、提案させていただきました。

この説明ってすごく重要なんです。

なぜリフォームに適してる壁紙を進めるかの理由や、壁紙を大変だからここは張り替えなくて良いは、なるべくやめたほうがいい理由は、私たち職人は経験値からその理由をよくわかってます。

お客さんにとって壁紙の張り替えは、非日常なことなので分からなくて当然なのです。

後悔のない張り替えのためには、その理由を知っている職人がお客様にお伝えして、後はどうするかの判断は、お客様にお任せする。

ここがものすごく工事前の大切な仕事です。

これがあるかないかで、工事は良いものになったり、よくない工事になったりします。

話が脱線してしまいましたが、色々と工事や壁紙選定のお話をさせていただきました!

お見積り・ご依頼

事務所に戻り、お見積りを作成後にメール添付でお送りさせていただきました。

すぐにご依頼のお返事をいただきました。

お見積りは、ハイグレードクロスで張り替えた場合と、量産品クロスで張り替えた場合の2通りのお見積書をご提案させていただきました。

全体的にハイグレードクロスを施工して、クローゼット内など見えにくい部分は量産品で施工する方向で決まりました。

見本帳発送・Y様ショールームでクロス選定

量産品クロスとハイグレードクロスの見本帳を郵送させていただきました。

工事のご依頼をいただいてから工事日まで日にちにかなりの余裕がありましたので、ゆっくり壁紙を選んでいただくことができたと思います。

当初、Y様は全体的にオーソドックスな白でいいんです。と、おしゃっておりましたが、見本帳を見たら種類がありすぎて、サンゲツとリリカラのショールームに行ってきてください、壁紙を選定してくれました。(お疲れ様でした!)

どちらのショールームもコーディネーターさんがお客様のイメージに沿って提案してくれるのですが、

「さすがっす!!」

と言いたいくらいの、絶妙な色の選定でした。

よくお部屋の1面だけをアクセントクロスで張り替えて、後の3面は同じ色(白系統の無地を選ぶ場合が多いです。)で統一する貼り方って流行ってますよね?

その選び方がスゴイんです!

私は、アクセントクロスにほか3面と全く違う色を選ぶことをお勧めしています。

それは3面とガラッと雰囲気を変えないとせっかくのアクセントがぼやけてしまうためです。

しかし覆されました・・・(笑)

白の同系色をアクセントクロスに選び、でもほんの少し3面と色味が違うんです。

柄も主張しすぎない白ですごく決まってました。

この選び方の発想はなかなか難しいです。

少なくとも私にはできません。

今回改めてメーカーのコーディネーターさんの実力は凄いな~と思いました。

そこらへんのリフォーム屋のコーディネーターさんははっきり言って目にもとめれない実力です。

なので私は、コーディネーターさんの力をあまり信用しませんでした。

まあ、これはセンスも物を言うわけなのですが、今回のサンゲツとリリカラのコーディネーターさんは今まで見た中でピカイチですね!

Y様がショールームに行っていただいて大正解でした。

壁紙を迷っている方はメーカーショールームに行って見てはいかがでしょうか?!

工事中

壁紙も決まり工事日がやってきました。

今回の工事はリビング・キッチン・寝室・玄関廊下・トイレ・洗面室の天井壁のクロス工事です。施工は2名で3日間です。

家具や床を養生して、住まいを傷つけないようにきっちり施工していきます。

少しずつ工事が進み、古くなった壁紙から新しい壁紙に変わっていくにつれてY様は、かなり喜んでいただくれました!

お客様が喜んでいただくと、こっちらまで嬉しくなりますね。

工事も終盤、Y様の弟さんが遊びにいらしてY様が、

「見て見て!凄いでしょ?壁紙張り替えると人生変わるよ~!」

・・・人生変わる?

私はものすごい量の張り替えをしてきていますから、張り替えることが日常すぎてそんな意識無いのですが、初めて経験する非日常のお客様にとっては、かなり凄いことなんだ。

と思いました。

人生変わる変わるくらいの感動をしていただけたことには本当に感謝です!

初めて大々的なリフォームを決意したり、ショールームに足を運んでくださったりというアクティブな行動があってこそ、喜んでいただける工事になったのだと思います。

人生変えたい方は壁紙から変えてみてはいかがでしょうか?!