居抜きの8坪テナントをスナックからバーに改装する店舗内装工事です。居抜きのメリットを生かして、基本は既存設備を活用し、でもトイレだけは広くした上で古い和式を解体して洋式にリノベーションしました。後は、壁紙クロス、床材張り替えで見違えるような店舗として生まれ変わりました。

今回の工事は八王子の8坪テナントの内装工事です。

もともとスナックだった居抜き物件をおしゃれなBarに改装するという内容でして、カウンターなどは既存のものに少し手を加えたりと、使えるものは残すという内容です。

工事内容は、

・既存カウンターの一部解体、ふち周りの塗装工事

・立ち飲みカウンター造作、ダイノックシート張り

・トイレ室が狭いため、トイレ室解体新規造作、新規ドア設置、和式便器から新規洋式便器に変更(便器、ウォッシュ、手洗い器など)、配管工事

・キッチン側ボトル棚造作、塗装

・キッチンスペースにアコウォール取り付け

・業務用エアコン新規設置、コンセントスイッチ移設・増設

・天井壁のクロス張替え

・床のウッドタイル施工

・外部既存テント撤去解体

・外部塗装工事

・外部小看板取り付け工事 2箇所

です。

工事期間は、約2週間。

工事総額は、約180万円

 

工事前

工事前の様子です。

トイレのリノベーション

前のスナックさんでは和式便器に洋式変更便座を取り付けて使っていました。

トイレがものすごく狭く、座ってドアを閉めたら膝がドアに当たってしまいます。

見た目も決して綺麗とは言えません・・・。トイレが汚かったり、使いづらいようでは飲食店はダメです。

とりあえず壊してしまいます(笑)

トイレ室も広くするので壁も解体します!

新しく便器を設置したいところまで、配管の位置もずらします。

配管移設工事が終わったら、床を造作して、配管が見えないようにします。

クロスを貼って、床材を貼ったら、新しい便器を設置します。

このくらいのスペースを確保できると、レストルームも快適に使えます。

便器も新しくなり、清潔感がありますね。

カウンター新規造作

立ち飲みカウンターも新規で造作します。

高さだったり、幅や長さなどに希望がある場合は、既製品ではなかなか難しいです。

現場造作するということは、そのスペースにぴったりなカウンターを作れます。

仕上げはダイノックシートを張りました。シート材は色や柄などが豊富にあるので、お店のイメージにあったものを選ぶことができます。

アコウォールというアコーディオンカーテン

キッチンスペースの目隠しには、アコウォールを設置しました!

アコウォールとはアコーディオンカーテンのおしゃれ版です。

 

使い勝手は同じですが、安っぽさはないです。蛇腹式になっており、左右どちらの開閉にも対応します。

工事完了

かなり雰囲気が変わりました!

今回の工事は居抜き物件でしたのでキッチンスペースの設備は既存のままで使用できました。

椅子やテーブルも前のスナックさんが置いていったものが綺麗だったので、再利用できました。

やりたいお店の内容に似ている居抜き物件が見つけられれば、スケルトン工事をするよりも断然お得です!