先日テレビ番組で、壁の穴の補修方法を紹介してた・・・

小さな穴の直し方

(1)壁がしっとりするくらいまで、霧吹きで水を吹きかける。

(2)壁にドライヤーを約3分間当て、温める。

(3)穴を塞ぐようにスプーンの背で壁紙を押す。こうすることで壁紙が伸びて穴が塞がる。

(4)(1)~(3)の作業を何度か繰り返す。

少し大きめの穴の直し方

先ほどの方法では塞がらなかった、少し大きい穴は、つまようじを使って直します。

(1)つまようじの先端に木工用接着剤を薄く付ける。

(2)穴に浅く差し、半乾きになるまで、5分間程度待つ。 ※ねじ穴のような少し大きい穴は、つまようじを2~3本差す。

(3)つまようじの余った部分をニッパーで切り落とす。

(4)壁から少し飛び出た部分は、スプーンの背を使って穴に完全に入るまで押し込む。

(5)壁の色に合わせたアクリル絵の具を綿棒を使ってつまようじに塗る。 絵の具は水で薄めず、置くように塗ることがポイント。

(6)壁の色が目立つときはコーヒー(もしくは紅茶か麦茶)を綿棒につけ、 絵の具の上からなじませる。薄い色を少しずつ重ねていくとキレイに仕上がる。

と、いう方法です。

内装屋はジョイントコークで瞬殺する

内装屋の私はこの方法は試したことがないので、やってみようかなと一瞬思ってみましたが・・・工程が多すぎる!手間かかりすぎ!

つまり、めんどくさそ〜(笑)なのです。確かに、壁の小さな穴でお困りの方には試す価値のある方法ですが、もっと簡単な方法を伝授します。

それは、内装屋の必需品のジョイントコークを使えば、一瞬です。

穴など、瞬殺です。

このジョイントコークはいい仕事をします!

使い方は簡単で、青色のキャップをとって、先端を斜めにカットします。

チューブを軽く握ると、先端からジョイントコークが出ますので、穴に補填して穴から余分に出た場合は、軽く絞ったスポンジなどでさっと拭き取るだけで壁の小さな穴などは簡単に補修してくれる優れものなのです。

色もいろいろな色があるので、壁紙にあった色が見つかるはずです。

ホワイト系の壁紙なら、ホワイトや、ライトアイボリーなどがオススメです。

他にもベージュ系や原色系、木材系の色など全39色もありますから、必ずと言っていいほど壁紙似合う色が見つかります。

これで簡単に壁の小さな穴の補修はできますね!