一緒に暮らすペットとしては、犬や猫、うさぎ、鳥、などがいますし、他にも魚や亀などいろんな生き物がいます。

その中でも人気のあるペットとしての1位は「猫」だそうです。

かつては、日本では犬がダントツで一位でしたが、ここ数年で猫がトップに躍り出ています。

世界レベルでも猫人気の勢いは止まらず、そのペットとしての数は、犬が1億7千匹に対して、猫は2億匹というデータがあるそうです。

この理由は、猫は比較的飼いやすいからだそうです。

私は、猫も犬も両方一緒にくらいしていますから分かりますが、確かに猫は手がかかりません。

犬の方は、しっかり遊んであげないといじけて変なところにおしっこをしたり、起こりやすくなったりと手間がかかります。

その反面で、猫は、自由気ままに過ごしているので多少ほうっておいても大丈夫です。

そのような理由から猫が多く飼われているのだと思われます。

そんな人気の猫ですが、ペットショップに行くと結構な値段がします

7,8万円が猫の相場と思いきや、15万円以上する猫までいて実際にはいろいろです。

人気のある種類の猫は高いのでしょう。

私は、雑種で十分かわいいと思っています。

ちなみに、わが家での最高値の猫は、初めて飼った散田悠三さんで3万円です。

それ以外は、ぼうちゃんが2万円、フーちゃんは拾い猫なので0円、パクはスコティッシュホールドなのに耳が立って生まれてしまったため1万円です。

ちなみに、パクはすっかり大きくなりましたが今では全くスコティッシュホールドには見えませんので恐らく雑種です(ペットショップの店員は勘違いしていたのか、ウソついていたかどちらかですね 笑)

次に、きちは捨て猫のため0円、とこんな感じですが、私的には値段や血統書に関係なく猫は猫なので十分です。

むしろ、この子達でよかったと思っています。

そこで、血統書や種類を特に気にしないけど猫が欲しいという方に、猫をタダでもらう方法をご紹介します。

猫に「里親制度」があるのはご存じでしょうか?

動物の保護活動をしている団体が、捨て猫や繁殖所で飼育しきれなくなってしまった猫を保護して里親さんを募集しているのです。

病気やノミのチェックなどちゃんとケアをしてから猫を譲渡してくれますから、もらってから安心してすぐに一緒に住める猫ちゃんばかりです。

ペットショップなどで高いお金を出して猫を買うより、身寄りのない保護された猫をもらってあげるのもいいと思います。

基本ゼロ円ですから、浮いたお金でマタタビとおもちゃを思う存分買ってあげて欲しいです。

猫を飼いたい方は、このような選択肢もありますよ。

注意点としては、保護団体で去勢などにかけた費用は、譲渡されるときに請求されることがほとんどのようです。

つまり、猫ちゃん自体はタダですが、ケアにかかったお金はかかる可能性があります。

去勢などのケアにかかる費用は、相場として大体3万円ぐらいのようですが、それ以外では病気の治療などをしている場合は値段が上がります。

その他、毛や爪が伸びすぎていて問題があった場合の処置などもされている場合があります。

ただ、このお金は、ペットショップで猫を買う場合も全く同様に必要なお金になります。