ユニットバスと違ってタイル張りの浴室は、冬場は寒いですよね。

でも、タイル張りの浴室に浴室専用のエアコンが付けられるんですよね。

aquashop07_tyb121gr

12月に入りだいぶ寒くなってきましたので、本当にタイル張りの浴室はつらい時期です。

そこですごいものを発見したのが、浴室用のエアコンなのです。

内装屋の私からすると、予想以上に安く取り付けられるんです。

新築のマンションには、かなり前から普通に付いてますからご存じの方も多いでしょうが、それでも浴室にエアコンなんて画期的な時代になりました。

私も欲しいなと少し思っていたのですが、私は冬は湯船につかって長時間暖まるのが好きです(笑)

そういう意味で、エアコンは今の時点では付けません。

長湯するには、少々頭や顔がひんやりしていて身体の方が温まっている方が気持ちがいいように思っているからです。

そういう意味で、私の入浴タイムには今の時点ではエアコンはいりませんね。

ただ、確かにタイルは陶器ですから冬場はめちゃくちゃ冷たいです。

その冷たいタイルに、脱衣場から足を乗せるのをためらいたくなります。

そういう意味では、床だけリフォームというのはかなりメリットがあります。

浴室エアコンを付けても、床がタイルのままだとさほど効果はないかもしれません。

でも、浴室エアコンがなくても、床がヒンヤリしなければそれほどきつくないのです。

12月に入ってからは寒くなったからでしょうか、バスナフローレの問い合わせが普段と比べて2倍くらいに増えています。

おかげさまで大好評のバスナフローレです。
 ⇒『バスナフローレで1日で浴室の床をリフォーム

ちなみに、ある程度ご高齢になられた場合は、浴室エアコンは”必要”かもしれないですね。

もちろん、床がタイルのままだと意味ないですが、ヒートショックって甘く見ない方がいいみたいですね。