深夜のシャワー音でお隣から苦情が来るようなら、シャワーヘッドの交換やシャワーフックの位置を変えるだけで効果があります。

ご存じない方も多いようなのですが、シャワーヘッドは簡単に交換ができます。

また、シャワーヘッドを固定するフックも簡単に増やすことができるのです。

a5b243dfb6b4fa78facf3d0362572409_s

近隣トラブルでは、水回りの生活音が原因になっていることが多いようですね。

確かに、私の家でも、隣の家からトイレやシャワーの音が聞こえますから、逆に私の家の生活音もお隣に聞こえているということになります。

おかげさまで、うちはお隣さんとそこそこ仲がいいので、子供の声、生活音、ペットの鳴き声などお互い様みたいな感じで問題なくやらせてもらっています。

ただ、都会でのマンション・アパートなどの賃貸物件の場合などはそうもいかないことが多いと思います。

隣人関係が希薄ですと、ほんの少しのことからトラブルになることもあります。

その一つが深夜の入浴のシャワー音だそうですが、夜遅く帰ってくる人は仕方ありません。

人それぞれ生活リズムが違いますし、寝る前にお風呂に入りたいのはみんな一緒でしょう。

しかし、トラブルを避けるためには、なるべく音を軽減する工夫も必要かもしれません。

そこで、最初のお伝えしたとおりに、思いの外簡単に対策ができます。

シャワーの音は、シャワーの水が床に当たる音なのですが、シャワーから出る水の勢いを調整したり、あるいは、シャワーと床との距離を近くすることで軽減することが可能です。

つまり、シャワーヘッドをソフトタイプ(低水圧)のものに変えるだけで効果があるのです。

交換用のシャワーヘッドというのは、大抵は複数のアダプタが付いていますので自分の家のシャワーヘッドと合わないことはまずありません。

そもそも、このシャワーヘッドを交換できることをご存じない方が多いようなのでもったいないですね。

また、低水圧にすると音が静かになるだけでなく、水道代の節約にもなります。

次に、シャワーフックを可動なものに交換したり、あるいは増設したりすることで、シャワーと床の間を近くする方法です。

ただ、交換や増設はリフォームになりますのでお値段が高く付きます。

そこで、オススメなのが吸盤で取り付けるシャワーフックです。

このタイプでしたら非常に安価に取り付けられますので気軽に試せます。

ところで、シャワーヘッドやフックの位置を変えただけでは効果が出ない場合は、床を交換してしまうという方法があります。

そもそも、ユニットバスなどの固い床は、水の跳ね返りの音がどうしても大きいです。

浴室の床をクッション性の高い床材に交換すると、音を吸収してくれるので跳ね返り音はかなり小さくなるはずです。

当然、床材の交換はリフォームになりますので、料金はかなり高くなります。

下手に工務店などに見積もりを頼むと、とんでもない見積もりが出てきますので注意して下さい。

ちなみに、バスナフローレは浴室の床材のリフォームとしては安い方だと思います。

ご興味お持ちになられましたら、こちらのページも読んでみて下さい。
 ⇒『たった1日で浴室の床の張り替えが終わるんです