アクセントクロスとは、メインで張る壁紙とは異なる色や柄の壁紙をどこか一部に張ることによって空間にアクセントを付ける壁紙の施工方法です。

例えば、白一色の壁のお部屋のどこか一面にオレンジといった全く違う色を使うとお部屋の印象がぐっと変わります。

このような壁紙の選び方1つで、お部屋に高級感を出すことが可能になります。

このアクセントクロスの選び方で、ポイントとなるのはメインの壁紙と全く違う色使いをすることです。

白がメインの場合、白系のアクセントクロスではぼやけてしまいます。

例えば、この写真のようなアクセントの付け方はあまり引き立ちませんから失敗例と言えます。

2015-09-14 17.01.45

もちろん、配置する家具の色合いなどによっては、こういった配色でもマッチしますが、同色系のアクセントクロスはある意味では上級者向けと言えます。

ですので、初めてのアクセントクロスにチャレンジする方は、最初は全く違う色同士の組み合わせを試してみた方がいいと思います。

あえて同色系の使い方でのアクセント付けたい場合は、緑系を使う場合なら”薄い緑”と”濃い緑”など強弱を付けるといいと思います。

その他の同系色なら、赤にオレンジ、水色に青、黄色に緑、などで同系色の強弱をつけることによって成功します。

2015-05-20 11.55.26

ただし、繰り返しになりますが、白にベージュやアイボリーは私の経験上引き立たないのでお勧めしません。

やはり、白系同士は避けた方がいいと思います。

もし、壁紙を貼り替える機会がありましたら、せっかくですからどこか一部分でもチャレンジしてみてはどうでしょうか?

特に、賃貸物件のオーナー様にはオススメできます。

私が張り替えをさせていただいた賃貸物件のオーナー様の物件で、アクセントクロスを張ったお部屋があります。

アクセントクロスが結構人気があるようで入居率もアップしているようです。

もちろん、賃貸物件のオーナー様だけでなく、ご自宅の方にもオススメできる壁紙の貼り方です。

2015-09-14 17.04.04