ねこちゃんは、基本的にきれい好きなのでほとんどのトイレで用を足してくれます。

しかし、たまにおしっこを壁にひっかけてしまう猫ちゃんがいます。

なぜなのでしょうか?

”マーキング”と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は猫は基本的にマーキングをしません。

また、雌の猫が壁にやってしまうことも多く見られます。

元々トイレでちゃんとできていた猫ちゃんがいきなり壁にしてしまった場合の原因は、ほとんどが猫ちゃんの”不満”です。

03dd128908_s

不満として考えられるのは、

  • 他の動物と同居することになった
  • トイレが汚い
  • ご飯が好きなものでない
  • もっとかまって欲しい

などの原因が考えられます。

これらの不満を持つと猫ちゃんは猫なりの嫌がらせをして飼い主の気を引きます。

うちにいる猫の1匹は、雌なのですがトイレが少しでも汚れているとタンスの上に”大”をします(汗)

また、自分よりも犬が構ってもらいすぎていると感じると布団におしっこをしてくれます(笑)

猫は頭がいいですから、飼い主が嫌がることがわかります。

ですので、猫が壁におしっこをかけた場合は、まずは猫ちゃんが何が不満なのかを考えてそれを解決してあげるといいと思います。

ただ、その前に壁のおしっこ対策もしておきたいところです。

壁におしっこをひっかけられてしまうのが日常化してしまうと、表面をキレイに拭いても着実に臭いや汚れの成分が染みこんでいきます。

壁だけでなく床も濡れてしまいでしょうから、床にも臭いが染みこんで時には変色したりしてきます。

内装の対処法としましては、壁に防水タイプのシート(ダイノックシートなど)を張る。

床は、水分の吸い込みの少ないクッションフロアを張る、などが有効です。

これに加えて、壁と床の境の”入り隅(いりずみ)”と呼ばれる部分をシリコンコーキングをすれば、すき間からのおしっこの進入も止めることができます。

床にクッションフロアを貼り付けてしまうのは、賃貸では難しいのでその場合は、糊で貼り付けずに粘着度の弱い両面テープで貼っても固定できます。

ただし、固定はできますが、きっちり糊で張っていないので、内装としての仕上がりはイマイチです。

猫のおしっこの臭い成分が壁や床に染みこんでしまうと、すごい臭いの家になってしまうので早めの対処をオススメします。

ネコちゃん飼い主さんが自分で出来るリフォーム

cat-free-movie-banner

私が作った小冊子を無料プレゼント中です!

pet-booklet-banner01