リフォーム工事の前には、私たち内装業者は必ずお客様のご近所に挨拶回りをします。

これに加えてお客様ご自身にも近隣へのご挨拶をしていただくと騒音トラブルはほぼ100%回避することができます。

せっかくのリフォームですから、お部屋がステキにキレイになったけどご近所付き合いが悪くなったでは笑い話にもなりませんから是非事前に手を打ってください。

騒音トラブルは、一戸建ての住宅でもありますが、特にマンションの方がトラブルになりやすいです。

ご近所とは、上下左右と壁で隔てているだけですから当然です。

109711

ですので、工事開始前の挨拶回りをしっかりしていただいて、リフォーム後の近所付き合いが悪くならないようにしたいものです。

ご挨拶の際に伝えるべきことは、工事が”いつからいつまで”、そして、特に音のでる工事の場合は”何時から何時”をしっかり伝えてください。

また、「もし、この時間帯に大きな音が出るとお困りになるようでしたらご遠慮なく言ってください。」と伝えることで工事中の騒音に対して嫌な顔をせず我慢してくれる人の方が圧倒的に多いです。

ところが、何も言わずに工事を始めてしまい、気にせず工事音を出してしまうと苦情の嵐に遭うことがほとんどです。

最悪、予定していた工事まで中断せざるを得なくなります。

良好なご近所付き合いの維持のためにはもちろん、工事の進行をスムーズにするためにも挨拶回りが必要です。

繰り返しになりますが、私たち内装業者は、リフォームに入る前にご近所様に挨拶回りはしますが、それとは別にお客様に個別にご挨拶に伺っていただくのが効果的なのです。

挨拶回りの先は、マンションでしたら同じフロアの住民の方と上下階3軒ぐらいが目安です。

引っ越しの際のご挨拶の範囲とほぼ同じですね。

工事開始前はもちろん、工事完了後の挨拶もしていただくことで今までよりもご近所付き合いが良くなることもあります。